今から数年前の出来事です。20歳前後のとき、県外の大学に進学し親元を離れてカラオケのアルバイトをしていました。深夜シフトで2人きりになることも多かった4個離れた年上女性がいました。見た目は今風で少しギャルな感じでした。そのときはお互いパートナーもいて連絡先を交換しただけで普段から連絡をとることもなく、バイト先で話をする程度でした。それから僕がバイトをやめて大学を卒業し、数年が経ったときでした。突然メールで「○○くん遊ぼ♪」と言われ、突然すぎて少し動揺しましたがその女性はギャル風でしたが、前々からかわいいと思っていたので、迷うことなくOKの返事を出しました。
いざ会う日には少し緊張しながらも夜ご飯を一緒に食べて懐かしいお喋りをしておとなしく解散しました。しかし1度会ってからはお互いが会いたい気持ちが強くなり、すぐに2度目の食事をしました。2度目の食事はお互いアルコールもかなり入っていたのでテンションも上がり、気がつけばホテルにいました(笑)彼女は女の子の日だったにも関わらず我慢できなかった様子でした。スタイルもよく、あえぎ声もエロかったので最高に興奮しすぐに果ててしまいました・・・。が数分後彼女からこんな言葉が・・・。
「わがまま言っていい?もう1回したいな・・・」
こんなに求めてくる女性は初めてだったので興奮しました。2発目も果ててその日は一緒に寝ました。それからというもの会えばヤル、会えばヤルでした。車でも家でもカラオケでも僕は欲求不満な彼女に押し倒されました。彼女も何度も何度も絶頂に達していました。口でイキ、手でイキ、アソコでイキ、最後はおかしくなるぐらいに絶頂に達していました。彼女自体も僕とは体の相性がいいと言ってくれていました。僕もそれはかなり感じていました。彼女はHの最中の声がなんともエロいことも興奮材料でした。「いっぱい突いて~」や「奥まであたってる~」や「イクぅぅ」など聞くだけで元気が増していました(笑)4個年上という点も僕にとっては興奮していました。年上女性に好きなように遊ばれるのが興奮する僕はきっとドMなんでしょう(笑)ですが彼女もドMなのでお互いSになったりMになったりして楽しんでいました。体の相性が良すぎるものあり、求めすぎることもあり、まだ当時ガキだった僕なので嫉妬などの理由から別れてしまいました。数年経った今でも「あ~あの人としたいなぁ」なんてたまに思う今日この頃です。