カテゴリー: Uncategorized

英語がとても苦手だった女子大生とのあっちの思い出

これは4年前に話になるのですが、1年2組の担任をすることになりました。
そんなに美人ではないけれども、可愛らしい女の子がいつもたわいのない話をしてきました。
それはかなり後になってからの話なのですが、私が担任になってから私のことがずっと好きだったそうです。
ですが私には奥さんもいるし、長男もいるし、次男もいるということで、つまり家族があるということで、彼女から私にアプローチをすることはできない状況でした。
それから2年が過ぎて、今度は3年1組の担任となることになりました。
2年生の時は彼女は2年2組の生徒だったので、担任からは外れていて、ほとんど顔を合わすこともありませんでした。
そして彼女は2年生の時にバスケット部のキャプテンの彼氏がいました。
実は彼女は彼のことが本当は好きではなかったとのことでした。
本当に好きだった男性は私だったのですが、私にはアプローチができなかったので、気を紛らわすために仕方なく彼と付き合っていてようです。
本当は彼のことは好きではなかったようでした。
そして3年1組の担任となり、彼女とはかなり接点を持つ機会が増えたように思いました。
私も彼女のことはとても可愛らしい女子生徒だなあと思っていたのですが、だからと言ってアプローツーチをすることなんて考えもしませんでした。
しかし夏休みが終わって、彼女が質問にきました。
どうしても日本史が覚えられないんです。
実は政治経済は内容的には簡単ではないけれども、教科書も参考書も薄いし、まだ間に合うだろうという話になりました。
そして私は英語が担当だったんですが、実は政治経済と英語の長文は大きく関係してくるのです。
それは英語の長文問題は、ほとんどは社会問題だからです。
極端に言えば、地球温暖化現象のメカニズムや京都会議の話を知らない状態で英語の試験を受けるのは無謀です。
ですから私は政治経済に関する知識もkなり持っていました。
それで毎日のように彼女とは政治経済に関する話すをすることになりました。
彼女は政治経済と漢文と現代文の小説にはモチベーションがありました。
それは隣の県にある公立大学にどうしても合格したかったからです。
そして11月に実施された河合塾のマーク模試では、構内で1位を取ることができました。
それから私は彼女のことがすごく気になって、日曜日にも学校で授業をしたりするようになりました。
しかしそれはさすがにマンツーマンではありません。
そしてセンター試験ではそれなりに合格できそうな点数が取れました。
「これまで支えてくれる人が先生しかいなかったんです。」みたいなことを言われました。
そしてそれ以上の関係になっていきました。

2年前の2月の大学生とキスをした話

2年前の2月の話なのですが、私は担任をしていた女子大生とキスをしました。
それは私立大学の直前の日で、車の中で一緒に勉強しようとしていた約束の日でした。
それまでに彼女を車で家まで送って帰ったことは何度かあったのですが、そのときにお互いに好きだということが確認できていました。
私は52歳でした。
彼女は18歳でした。
彼女は男性経験はないと言っていましたが、2年生の時に男子生徒にしつこく迫られて仕方なく花火大会を見に行ったことがあると言っていました。
彼女は彼のことが好きではなかったので何もなかったと言っていました。
つまりキスをしたのは私が初めてだということでした。
明日の勉強を一緒にしようとして行ったのは、家電量販店2階の駐車場でした。
夕方の6時くらいでしたがすでに2月だったのでそんなに暗くなかったです。
そして赤本の問題集を開いて勉強をすることにしたのですが、二人で後部座席に座りました。
そして私が我慢ができなくなって、「キスしたら嫌かな」と聞きました。
すると彼女は「いやじゃあない。」と言ったので、そのままキスをしました。
彼女は本当にキスが上手ではなくて、キスに仕方がわからないといってました。
「もっとベロを出してぺろぺろするんだよ」みたいなことを教えてあげてればもっと激しくキスができたのではないかと思うのですが、大義名分ば勉強だったので、問題を1問間違えたら1階キスをするというルールを作って、50階くらいはキスをしたと思います。
そしてその次の日は私立大学の初日だったのですが、別の家電量販店の駐車場で勉強をしました。
その時は7時を過ぎていたのでかなり暗くて、私は多い切って「手コキ」をしてもらいました。
彼女は当然ながら「手コキ」をするのは初めてだったのですが、「手コキ」はそんなにテクニックを要するようなものではなかったので、数分以内には射精したと記憶しています。
そんな感じでほとんど毎日彼女とはくるあの中で夕方を過ごす日々が続きました。
彼女はキスをするだけで、女性器が大洪水になったりして、家の近くまで送って行っても、30fんくらいは家に中には入れないと言っていました。
そのくらいスカートがびしょびしょになっていたのではないかと思います。
ですが残念ねがらクンニはさせてもらえませんでした。
そしてシックスナインもできませんでした。
少しだけフェラをしてもらいましたが、なんとなく罪悪感があったのですぐにやめさせました。
その時は射精はしませんでした。

欲求不満な4個離れた年上女との体の相性が抜群によかった話

今から数年前の出来事です。20歳前後のとき、県外の大学に進学し親元を離れてカラオケのアルバイトをしていました。深夜シフトで2人きりになることも多かった4個離れた年上女性がいました。見た目は今風で少しギャルな感じでした。そのときはお互いパートナーもいて連絡先を交換しただけで普段から連絡をとることもなく、バイト先で話をする程度でした。それから僕がバイトをやめて大学を卒業し、数年が経ったときでした。突然メールで「○○くん遊ぼ♪」と言われ、突然すぎて少し動揺しましたがその女性はギャル風でしたが、前々からかわいいと思っていたので、迷うことなくOKの返事を出しました。
いざ会う日には少し緊張しながらも夜ご飯を一緒に食べて懐かしいお喋りをしておとなしく解散しました。しかし1度会ってからはお互いが会いたい気持ちが強くなり、すぐに2度目の食事をしました。2度目の食事はお互いアルコールもかなり入っていたのでテンションも上がり、気がつけばホテルにいました(笑)彼女は女の子の日だったにも関わらず我慢できなかった様子でした。スタイルもよく、あえぎ声もエロかったので最高に興奮しすぐに果ててしまいました・・・。が数分後彼女からこんな言葉が・・・。
「わがまま言っていい?もう1回したいな・・・」
こんなに求めてくる女性は初めてだったので興奮しました。2発目も果ててその日は一緒に寝ました。それからというもの会えばヤル、会えばヤルでした。車でも家でもカラオケでも僕は欲求不満な彼女に押し倒されました。彼女も何度も何度も絶頂に達していました。口でイキ、手でイキ、アソコでイキ、最後はおかしくなるぐらいに絶頂に達していました。彼女自体も僕とは体の相性がいいと言ってくれていました。僕もそれはかなり感じていました。彼女はHの最中の声がなんともエロいことも興奮材料でした。「いっぱい突いて~」や「奥まであたってる~」や「イクぅぅ」など聞くだけで元気が増していました(笑)4個年上という点も僕にとっては興奮していました。年上女性に好きなように遊ばれるのが興奮する僕はきっとドMなんでしょう(笑)ですが彼女もドMなのでお互いSになったりMになったりして楽しんでいました。体の相性が良すぎるものあり、求めすぎることもあり、まだ当時ガキだった僕なので嫉妬などの理由から別れてしまいました。数年経った今でも「あ~あの人としたいなぁ」なんてたまに思う今日この頃です。

知的な風俗嬢は話題も豊富なので遊べる

私は自宅からは少し離れた場所で勤務をしているのですが、そこは比較的大学が複数ある街です。
そして風俗嬢も大学生が多くいます。
中にはおいおいと言ってしまいそうな風俗嬢もいますが、ほとんどは洗練された女子大生が風俗嬢をしているので、結構安心して遊ぶことができます。
そしてさすがに国立大学の町なので、女子大生の知的レベルも高いんです。
新聞に1面には必ず目を通して学校にでかっけるという女子大生も多くいます。
ですから社会問題に対しても、それなりに造詣が深い女子大生が多いんですね。
例えば地球温暖化現象なんかはあたりまえの話です。
私は少し政治経済には自信があるので、よくそんな話題を振ってみるのですが、結構な確率で知識があります。
例えば92年の地球サミットの「気候変動枠組み条約」であるとか「生物多様性条約」であるとか、そしてその内容はどんなものなのであるのかについて、かなり詳しい情報を持っている女子大生もいます。
そういう時は実は私はますます興奮してしまうんです。
あまりにも、アーパーすぎる女子を相手にしても、こちらの知的好奇心がそそられないんですね。
例えば先週は、「プルサーマル」の話になりました。
長浜原発が再稼働するということなのですが、それは実は、普通にウランを使う原子力発電ではないんでうすね。
普通はウランを使って蒸気を起こすのですが、核廃棄物であるプルトニウムをウランと混ぜて、モックス燃料というものを生成し、それを使って原子力発電をすると追う危険なものなのです。
そして先週であった女子大生の風俗女医はそのプルサーマルやモックス燃料について、それなりの知識を持っていました。
知ると私は興奮度が増すんです。
まずは彼女のパンツを脱がして、そsて私もジーパンとパンツを脱いで、お互いに男性器と女性器を舐めあうんです。つまりすぐにシックスナインの状態に突入できるんです。
そして最後は気丈でフィニッシします。
やはり知的な女子とのセックスは最高ですね。
そしてそういう女子大生に限って、女性器から溢れ出てくるジュースがすごく美味しんです。
ですからずっとすっくすナインを続けることもあります。
そして特に上手にフェラをする女子大生は、唾液を上手に使ってディースロートをする女の子ですね。
お互いに男性器と女性器を舐め合っている時も、社会問題の突入することがあります。
例えばそろそろ北朝鮮がミサイルを発射する時がきたかもしれませんね。
とか、とてもユーモアがあって幸せです。

スソワキガがあまりにもひどすぎて離婚したくなった話

女性器を舐める時に、美味しいジュースが飲める場合と、無臭のものが飲める場合と、スソワキガで異臭がする場合とがあります。
私は基本的にはクンニやシックスナインが大好きなので、美味しいジュースが飲める女子の女性器を舐める時はとても良い気持ちになります。
ところが正反対の時もあります。
あまりにも女性器から出てくる液体が異臭を放つ時です。
実は私の妻は結婚当時からスソワキガがひどくて、それでくんにやシックスナインを楽しむことができませんでした。
それで夜の生活が楽しくなくて、夫婦仲がだんだんと悪くなっていったような気がします。
2年前に私は30年近く勤務した公務員を早期退職したのですが、それが原因で自宅マンションを追い出されてしまいました。
早期退職せざるをえなかったのは私の不徳のいたるところなのですが、今では80になる両親の年金で生活をギリギリしているような悲惨な状況です。
30年近く公務員をしたので、退職金はそれなりに良かったのですが、ペイオフのことなどを考えて、外貨預金を2種類に分けて銀行に預けています。
それは7年間ほど出せないことになっています。
少し話は逸れてしまっているのですが、私にも原因はありますが、夜の性生活が楽しくないと結婚生活はうまくいきませんね。
私は20年くらい前に結婚をしたのですが、現在ではほとんど離婚をしているような状況です。
公務員時代の経験を生かしながら学習塾や家庭教師などをしているのですが、実入りは15万円程度で、しかも10万円は教育費として妻に仕送りをしています。
かなり話がずれてしまっていますが、夫婦間のセックスの相性って大切ですよね。
おそらくここまで不倫のニュースが多いのは、セックスの相性が悪いからだと思います。
ですからこれまでの古い考え方はやめて、ある程度同棲をして、そしてお互いの相性がどうなのかを確認できてから結婚をした方が良いのではないかと考えます。
女性器を舐めてから、異臭がするならそのことを言って、改善するのが良いのだと思います。
どうしても男性器を舐めたり女性器を舐めたりするのは、夫婦間にないわけがありませんから、異臭がするならそれを治す方法を考えることが先決だと考えます。
それにしても女性器を舐めた時に美味しいジュースが飲める場合は最高に気持ちが良くなりますね。
そしてシックスナインをする場合も、上手に唾液を使いながら男性器を舐める女子は最高ですね。
夫婦間の相性は、シックスナインで決まると考えています。

ベトナムで携帯ショップの色白巨乳の店員のお姉さんと。。。

今回は私が住んでいるベトナムで携帯ショップの色白巨乳のベトナム美人とムフフな体験をしたエピソードをご紹介いたします。 まだ、ベトナムに引っ越してきたばかりの日が浅いころ、携帯電話のsimカードの購入や設定の手続きの為に家から最寄りの携帯電話ショップへ訪れました。 まさか、この後沢山おいしい思いをさせてもらえるなんて全く想像できませんでした。 明るい店内と大音量でポップな音楽が鳴り響いている様子は全く日本の家電量販店の様子と変わりありません。 しかし、男性陣なら必ず目を引くのはベトナムの携帯ショップの女性店員の制服は膝上ミニスカートと体のラインにぴったりとしたポロシャツスタイルです。 その気がなくてもついつい見てしまいます。 さてと、店内に入り最新機種のスマートフォンや料金プラン表などを物色していたところ、一人の小柄な女性店員さんが声を掛けてきました。 よく見ると彼女は150センチ程で細身で小柄ですが、制服の影響もありバストがとても強調されて見えました。 私がそんな邪念を働かせているときに彼女は拙い英語で何とか私とコミュニケーションを取ろうとしてくれていました。 もともと日本仕様の携帯だったので一度simロック解除をしたり初期設定したりとかなり設定に時間を要し、かれこれ1時間以上彼女は私の携帯の設定に至力してくれました。 彼女には感謝を伝えて店を後にしようとしたところ、ぜひフェイスブックで友達になりたいとのことでした。 断る理由もないので潔く快諾し、友人になりました。 それから彼女からはちょこちょこたわいもないメッセージが送られてくるようになりお互い拙い英語でメッセージ上でやり取りをしていました。 後から知ったことですが実は彼女は私より年上でした。。。(汗) 何せ小柄で童顔だったのでてっきり年下だと思っていました。 彼女は英語を勉強していて外国人の友達が欲しい・日本に対するイメージもとても良いため友達になりたいとのことでした。 数日後、私の家の近くのカフェで会うことになりました。 生憎彼女は残業で本来21時に待ち合わせをしていましたが23時ごろになりそうと連絡がありました。 私も翌日仕事だったのとあまり遅い時間になるのはあれだからと思い後日でもいいと提案しましたがぜひ会いたいとの事でした。 結局23時過ぎに待ち合わせしたのもののカフェは23:30で閉店。。。私の家も近かったので淡い期待を胸に私の家で飲むことになりました。 ほどほどにお酒も進み彼女の顔も赤くなってきてだんだん眠そうになってきました。 勇気を出してキスをしたところ彼女も受け入れてきたのでそのまま男女の仲になりました。 彼女は小柄ながらとても大きくかつ感度もとてもよかったです。それからも家が近いこともあり定期的にムフフなことをさせて頂いております。 以上私のちょっとエッチな話です。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。